芭蕉庵のはじまり

松尾芭蕉に心酔していた初代 白神孝男が、詩情あふれる日本の四季を表現する和菓子に魅了され、京都で修行。

明治42年、岡山の地で芭蕉庵を創業しました。

原材料へのこだわり

創業以来、白あんには最高級の備中白小豆を、黒あんには選りすぐりの北海道産小豆を使用。


シンプルな材料で素材本来が持つ良さを最大限引き出せるようお菓子づくりをしています。

職人のこだわり

職人が創業以来の製法を受け継ぎ、しかし、伝統に甘んじることなく、お客様に喜んでいただくために創意工夫しながら、日々精進しています。